サステナブルな取り組みについて

近年、環境汚染が地球規模で広がっています。

悲しいことにプラスチック汚染も広がり、海、北極、南極、大気中、辺境の山岳地帯、地球のあらゆる場所でプラスチックの存在が確認されています。
特に、処理しきれなかったプラスチックが最終的に行き着く場所である"海"の海洋プラスチック問題、劣化したプラスチックが細かくなり回収が一層困難となるマイクロプラスチック問題が非常に深刻です。

私たちは、このような海洋汚染や地球温暖化の問題に強い危機感を持っています。

身近に植物を置き愛情をもって育てていくことによって気づいたことは、植物の生きようとするちからや生きていくための工夫です。
人間と植物との違いは絶対的なものではなく相対的なものであり、植物も人間も地球に生きるものたち全ては分け隔てのない存在で仲間だということです。
iLeafロゴの葉脈のmeは、葉に自分を重ね自然と私が一体であることを表現しています。

iLeafでは、環境問題を「自分のこと」としてとらえ、問題の大きさに絶望するのではなく自分たちができること・変えるべきことに前向きに取り組んでいこうという考えに至りました。
このような考え方による生活は、窮屈でつまらないものではなく、解放感があり愛着に溢れた生活であるということを、商品を通じて伝えていきたいと思っています。
目指すのは、「使い捨てを排除した」「丁寧な」「再利用を、こつこつを、ゆっくりを楽しむ」ライフスタイルの提案です。
ひとりひとりの行動が、確実に未来を変えていくのだと信じています。

サステナブルな取り組みとして、iLeafでは
・梱包・包装資材・プラスチック製品を削減する
(プラスチックが果たしてくれた役割は大きく感謝しています。プラスチックは使用を削減しながら大切に使います。)
・育苗ポットや鉢などのプラスチック製品を生産者さんへ洗ってお返しし、そのまま再利用してもらう
・ルーツポーチ等の生分解性・地球に負担をかけない素材を取り入れていく
ことを進めています。

私たちは、商品の品質はもちろん届いた時の梱包状態やラッピングも大切な商品の一部だと考えています。
商品を通して幸せを感じてもらうことは、私たちの幸せでもあります。
地球に負担をかけないサステナブルな取り組みとこれらを両立することは難しいことかもしれませんが、工夫によって両立できると信じています。

私たちはこの問題の完成は目指さずに、工夫し続けることに力を尽くします。

「地球に負担をかけずに植物との生活を楽しもう」
これがiLeafの思いです。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

新宿ワシントンホテル内の花屋です

日光が当たらない場所でも、一般的な生活やお仕事ができるような明るさがあれば楽しめるお花と植物を扱っています。

直射日光の当たらないお部屋に住んでいた時の経験が、日陰で楽しめるお花や植物を集めた専門店をはじめようと思ったきっかけです。

植物を身近に飾り・触れることが、共存する生き物や自然に興味をもつ一つのきっかけになれたとしたら、とてもうれしく思います。